説教「新しい契約」 

2020年3月22日 主日礼拝
聖書箇所:エレミヤ記31:31~34
説教:深谷春男牧師

 新型コロナ・ウィルスのニュースが続いています。特にヨーロッパとアメリカ等に感染が拡大し、全世界で感染者、234,000人、死者約1万人という報道を聞きますと胸が痛みます。イタリヤでは死者数が中国を越えて多くなり、医師や看護師が必死で戦っている様子に、何かできないかと思わされます。春の到来と共に、気温も上がって、コロナ・ウィルスが終息することを祈りたいと思います。今日も受難節の半ば、わたしどもの人生の一番重い、罪と死の呪いを贖われた、主イエスの御苦しみを覚えて礼拝しましょう。

続きを読む 説教「新しい契約」 

説教「将来と希望を与える平和の計画」 

2020年3月15日 主日礼拝
聖書箇所:エレミヤ記29:11
説教:深谷春男牧師

 新型コロナウィルスによる災禍のニュースが広がっています。最近のニュースでは、中国の武漢市からから始まったこの災禍は、全世界に広まり13万人の感染と約5000名の死者が出ているとのことです。去る3月11日、青山朝祷会で説教を頼まれました。わたしは詩篇91篇を語りました。詩篇91篇は深い神信頼の詩篇で有名です。こう記されます。
  3節 主はあなたをかりゅうどのわなと、
    恐ろしい疫病から助け出される。
  6節 また暗やみに歩きまわる疫病をも、
    真昼に荒す滅びをも恐れることはない。
  7 節 たとい千人はあなたの傍らに倒れ、
    万人はあなたの右に倒れても、
    その災はあなたに近づくことはない。

続きを読む 説教「将来と希望を与える平和の計画」 

説教「道に立って眺めよ!」 

2020年3月8日 主日礼拝
聖書箇所:エレミヤ6:16
説教:深谷春男牧師

 今日は新宿西教会創立65周年記念礼拝です。共に主にある先達に感謝をささげ、これからの66年に向かって、新宿西教会の歩みに熱き祈りを捧げましょう。
うちの教会には大変素晴らしい「教会創立50周年記念誌」があります。昨晩は、その内容を読んで、深い感動で夜中の二時過ぎまで、その歩んできた内容、一人一人の証しを読み進んでしまいました。ハレルヤ。

続きを読む 説教「道に立って眺めよ!」 

説教「子どもたちよ、帰れ!」 

2020年3月1日 受難節第一主日礼拝
聖書箇所:エレミヤ3:12~14
説教:深谷春男牧師

 教会の暦では2月26日(水)の灰の水曜日から受難節が始まりました。受難節は主イエスの十字架の御苦難を偲び、またその贖いによってわたしどもは救われたという信仰を深く魂に刻む時です。今年はこの受難節は4月11日まで続き、4月12日にイースターを迎えます。キリスト教の一番中心である、十字架の贖いと復活の恵みを深くこころに留めることにしたいと思います。  続きを読む 説教「子どもたちよ、帰れ!」 

説教「強く雄々しくあれ!」 

2020年2月23日 主日礼拝
聖書箇所:ヨシュア記1:1~9
説教:深谷春男牧師

第59回「日本ケズィック・コンベンション」が熊谷市の森林公園のホテル・ヘリテージで18日(火)~20日(木)に開催されました。わたしは1973年の頃から参加し、多くの恵みを頂いてきましたが、今年も新たな恵みを頂いてきました。今年のテーマは「聖霊の満たしと大胆な宣教」。イギリスからリスブリッジャー先生、アメリカからオズワルト先生が来日され、リスブリッジャー先生は「山上の説教」から、オズワルド先生は主に旧約聖書から、「聖化の恵み」の大切さを語られました。今回は、特に日本人講師の先生方との交わりがとても刺激的でした。

続きを読む 説教「強く雄々しくあれ!」 

説教「安息日の歌」礼拝者のセルフイメージ 

2020年2月16日 主日礼拝
聖書箇所:詩篇92編
説教:深谷春男牧師

 わたしどもクリスチャンの生涯は、神の恵みにあふれつつ歩む生涯です。それは、まず、あふれる神の恩寵があって、人間はその恩寵に答えて生きると言うことです。もっと具体的に言えば信仰生涯とは、主イエスの十字架のあがないの業によって、罪赦され、神と和解し、神の子供となり、新しい人生に生きることになったというものです。
クリスチャン生涯のクライマックスは主日礼拝です。

続きを読む 説教「安息日の歌」礼拝者のセルフイメージ 

説教「種まきのたとえ」  

2020年2月7日 主日礼拝
聖書箇所:マタイ13:1~23
説教:深谷春男牧師

18歳で、大学受験の準備をしていたころ、親友のS君のアパートで、夕食を共にし、芸術論について色々なことを話し合いました。その中で、わたしが最近、教会の礼拝に出席していることを話した時に、この友人は、わたしにこのようなことを話しました。「実は僕も熊本にいた時に、子供のころに教会学校に行き、青春時代も何回か教会に行ったことがあるよ。深谷が教会に行ってキリスト教の教えを聞くことは素晴しいことだと思っている。僕も何回か教会に行ったが、印象に残っているのは『種まきのたとえ』だね。

続きを読む 説教「種まきのたとえ」  

説教「砂漠は喜び番紅花の如く花咲く」  

2020年2月2日 主日礼拝
聖書箇所:イザヤ35:1~10
説教:深谷春男牧師

 日本の暦ですと2月3日が節分、2月4日が立春となります。1年で
一番寒い時ですが、わたしたちはその寒風の中に春の到来を感じとり、
立春を祝います。旧約の預言者らは、いつもイスラエルの不従順と罪と
に対決し、冬のような厳しい霊的な状況の中にあっても神の恵みの時、
福音のかぐわしい春の到来を感じ取っていました。元旦から毎日読み続
ける聖書箇所の一つイザヤ書は、2月4日には35章を迎えます。  続きを読む 説教「砂漠は喜び番紅花の如く花咲く」  

説教「人生巡礼の歌」     ーバカの谷を通ってもー  

2020年1月26日 主日礼拝
聖書箇所:詩篇84篇
説教:深谷春男牧師

 スポルジョンはこの詩篇84篇をこのように語っています。「もし、詩篇23篇が最も人気のあるもの、103篇が最も喜びに満ちたもの、119篇が最も深い体験によるもの、51篇が最も悲痛に満ちたものであるとすれば、この詩篇は最も甘美な平安の詩篇である。」慰めと祝福に満ちた甘美な詩篇を学びます。

続きを読む 説教「人生巡礼の歌」     ーバカの谷を通ってもー  

説教「見よ、わたしは新しい事をする」ー三つの出エジプトー  

2020年1月19日 主日礼拝
聖書箇所:イザヤ43:14~21
説教:深谷春男牧師

 今年のホ群新年聖会の「テーマ」は、「見よ、わたしは新しいことをする」でした。説教者は横山好江先生と島隆三先生。お二人ともイザヤ書から、神様に恵みによる勝利の生涯を語っていただきました。説教を聞きながら、小林和夫先生が語られた「三つの出エジプト」という説教題が心に浮かびました。オリンピック三段跳びのように、ホップ・ステップ・ジャンプのイザヤの主題を見たいと思います。

続きを読む 説教「見よ、わたしは新しい事をする」ー三つの出エジプトー