説教「祝福の基となる」

2019年7月7日 主日礼拝
聖書箇所:創世記12:1~4
説教:深谷春男牧師

初めての体験と言うものは、とても印象深いものです。わたしが初めて赤羽教会の門をたたいたのは1970年の10月でした。特別伝道集会のマイク案内があって、部屋で油絵を書いていたのですが思わず手を止め、「こちらは日本基督教団の赤羽教会でございます。・・・電話番号は901-8939です。・・」というアナウンスを聞きながら、近くの紙の切れ端にその電話番号を書き付けました。その電話番号で場所を聞いて教会にまでの道を聞き、どうにか、たどり着きました。集会時間の看板案内に赤い字で「あなたは祝福の基となる」創世記12:2と書いてあって、とても印象深く思いました。あの時から数えるともう、49年の年月が過ぎ去りました。浪人2年目の悩みと試練に満ちていた20歳の時です。今日始めて教会に来られた方も、この礼拝を祝福の人生の記念としてください。

【テキストの解説】

創世記3章1 時に主はアブラムに言われた、「あなたは国を出て、親族に別れ、父の家を離れ、わたしが示す地に行きなさい。から11章の聖書の箇所は一般に「原歴史」とか「原初史」とか呼ばれます。これは、人間が神に逆らい続ける「呪いの歴史」であると言うことができます。罪と死の支配する呪いの歴史なのです。

創世記3章で神と人との断絶、

4章で人と人との断絶、

5章で死の到来が語られ

6-9章で人間の「乱れと暴虐」が地を覆い、人間は破局を迎える、

10章において諸国民の系図。バビロン等の古代武力国家の罪の蔓延、

11章においてバベルの塔。科学技術文明の根本が罪と死の呪いの中に。

人間の世界は、「全てがよかった」と言われる創世記1章の創造の世界とは別に、恐ろしい「呪いの世界」となってしまいました。その源は3章の「アダムとイブの堕罪」に根源があります。

ここでは、人間と人間の罪の本質が語られ、救いのなさが宣言されます。しかし、神はこの絶望的な人間の世界に、12章から救いの業を始められました。それは、アブラハムの選びです。神はアブラハムを選び出し、彼に信仰の道を示し、彼を祝福の基とされました。創世記12章の重要さはここにあります。

 【メッセージのポイント】

1)時に主はアブラムに言われた、「あなたは国を出て、親族に別れ、父の家を離れ、わたしが示す地に行きなさい。(1節)

⇒ 出発! 本当の自分自身に向かって歩く。

 「レフ・レカー(歩け、自分自身に向かって)」(1節)と言うのが今日の聖書箇所です。これが、神がアブラハムに語ったメッセージです。昔は聖書に章や節がついておりませんでした。現在のように創世記12章1節と言わず、この箇所を最初の言葉をそのまま引いて「レフ・レカー(歩け、自分自身に向かって)の巻」と呼びました。

「レフ」というのは「ハラク」(歩く)の命令形です。

「レカー」というは、「あなたに向かって(to you)」あるいは「あなた自身で(by you)」、「あなたの足で」というような内容の言葉です。

全能にして、天地の造り主なるお方が、今、アブラハムに語りかけます。

「アブラハムよ、あなたは歩いて行きなさい。自分自身に向かって。自分自身の足で。本当の自分自身になるために」というような内容になります。

アブラハムの召命を指し示すこの有名な箇所は、本当に自分自身へと出発する一人の人物の物語なのです。アブラハムは今、新しい出発をします。それは「信仰の父」にふさわしい出発でした。神と断絶し、人と断絶し、罪と死の呪いの中に落ちてしまった人類に、祝福の世界をもたらすための出発でした。

この「レフ レカー」の内容は、アブラハムの生涯の本質を示す言葉ということができます。神に全幅の信頼を置いて、彼は、本当の自分自身に向かって歩み始めたのです。信仰の生涯は、本当の自分自身、本来に自分自身をしっかりと発見し、生きる喜びを得、人々にも神の祝福を分け与えるすばらしい、自分自身に向かう旅のことです。それは心沸き立つ冒険と、神の「絶大なる力」(エフェソ1:19)に守られた、祝福と喜びに満ちた生涯なのです。

 2)時に主はアブラムに言われた、「あなたは国を出て、親族に別れ、父の家を離れ、わたしが示す地に行きなさい。(1節)

出発!国から、故郷から、父の家から分離する。

さらに主は語られました。「分離し、別れなさい!」と。

ここには、分離してゆく三つのものが記されます。「国」と、「故郷」と、「父の家」です。(新共同訳では意訳され、「生まれ故郷」と「父の家」の二つとなっていますが、本来は、三つからの分離が語られています。ある方の説明によると、「国」は地理的な関係、「故郷」は世的な関係、「父の家」は血肉的な関係を意味するそうです。言おうとしている内容は、かつてアブラハムが属していた、「国」と「故郷」と「父の家」を指しています。それはカルディアのウルを指しています。そこは、偶像礼拝の盛んなところでした。偶像礼拝とそれを中心に形成されていたアブラハムの古い世界のしがらみからの脱却が語られています。この世界の唯一の造り主である御方、この世界の唯一の救い主である御方、この世界の唯一の歴史の導き手である御方は、この世界の偶像礼拝の世界から、また、恐ろしい罪と死の支配するこの世界から、人類を救うために、まず、アブラハムを選び、彼を召し出し、救いの業を始められたのです。新しい出発の第二の主題は、偶像礼拝から真の神へという出発でした。

 3) 時に主はアブラムに言われた、「あなたは国を出て、親族に別れ、父の家を離れ、わたしが示す地に行きなさい。(1節)

⇒ 出発!わたしが見せる地に向かって行く。

ここでの、三番目のポイントは、「わたしが示す地に」行くようにという導きです。直訳では、「わたしが見せる地」に行けということです。それは、召命を受けた時には、具体的にはどこであるかわかりませんでした。ですから、ヘブライ人への手紙11章では、「彼は行く先を知らないで出て行った」と記し、信仰は主の指し示すところへ、まっすぐに進み行くことを教えています。

以前、「目的地のわからない旅」という絵本がありました。わたしはこれはすぐに、「あ、アブラハムの物語だな?」と思ってめくってみました。そしたらそれは、アブラハム物語ではなく、モーセの出エジプトの物語でした。その時思いました。「そうか、アブラハムも、モーセも大変よく似ていて、神様に導かれるままに、行く先を知らないで出て行ったのだ。」ととても印象深く思ったことでした。信仰は、主の示す地に向かうのです。

4)2 わたしはあなたを大いなる国民とし、あなたを祝福し、あなたの名を大きくしよう。あなたは祝福の基となるであろう。(2節)

出発! 祝福の基として生きる。

今、アブラハムと同じように従おうとするあなたに、主は、深い愛をもって宣言されます。「あなたは祝福の基となる」と。

憎しみと不満の中に歩んでいたわたしたちの呪いの生活を、主は、愛と喜びの祝福の生活へ変えて下さるのです。C・ヴェスターマンによれば「祝福」とは「未来を切り開く命の力」です。ここには5回「祝福」なる言葉が出てきます。これと反対に実は創世記3章の堕罪以来、「呪い」という言葉が5回記されておりました。信仰は、呪いの生涯を祝福の生涯に変えるのです!呪いから祝福へ。今、主イエスの十字架と復活の福音により、罪の赦しと永遠の命を与えられ、聖霊の導きの中で、神の恵みの世界は開かれました。未来へ向かって、扉は開かれました。しかも、この神の祝福の世界は、一人アブラハムの祝福でとどまらず、罪と死で汚染されてしまった人間世界全体を、神の愛と恵みに覆うという壮大な神の救済計画として示されることになります。アブラハムがこの神への信仰を持ち、祝福の生涯に入り、このアブラハムの信仰によって全世界が祝福へと導かれてゆくのです。

ある年の聖化大会でスティーブ・シーモンズ先生がこのような話をされました。「2000年5月にアズベリー神学校の礼拝でなされた、学生のマーティーという女性の証しです。彼女の8ヶ月の時、彼女の父親は、彼女の母親を銃殺してしまいました。幼い彼女は母方の親族に引き取られ、そこで育てられました。彼女にとっては、幼なかった時に、父親が何かをしたという出来事が、恥となって心に重くのしかかっていたのでした。彼女は後にクリスチャンになりましたが、彼女は誰にもそのことは言いませんでした。彼女はヘブル語やギリシャ語の勉強をして、聖書の教師になろうとしていました。やがて彼女はチャドという男性と出会い結婚することになりました。その結婚式の招待状を書いているときに、主が、何通か、父親の親戚にも送ってほしいと言われたのでした。招待状を見て、結婚式の当日に父方の親族に会いました。父方のおばあちゃんにも初めて会いました。おばあちゃんはクリスチャンでした。「マーティ、わたしは、あなたのためにずーっと祈り続けてきたのよ。」と言って涙を流して、抱きしめてくださいました。それから、数日後に、彼女は、当の父親に会いに牢獄にまで行きました。そして彼女は父親に赦しと優しい言葉をかけて帰ってきました。彼女が語る間、礼拝の時に皆、黙って聞いていました。彼女は最後に、こう言いました。『わたしは殺人犯の娘です。わたしは生まれながらどうして殺人犯の娘というハンディを背負うことになったのかはわかりません。そのことはわたしの生涯に暗い影を落としておりました。でも、皆さん。わたしは、今は、王の王、主の主であるお方の養女となりました。今、知っているのは、主イエス様が傷を負ってくださったことです。そのことによって、あのゴルゴタの十字架で流された主イエスの血潮によってわたしは贖われました。これまで、負ってきた、恥や多くの問題、悲しみを身代わりに負って下さり、わたしの魂を解放してくださいました。主に感謝します。』」

【 祈 り 】   天の父よ。この朝、2019年の後半の出発、7月の第一礼拝を感謝します。わたしどもの目の前には、新しい半年が広がっております。わたしどもも、アブラハムのように信仰を持って、この2019年の後半部へと向かって出発させて下さい。どうぞアブラハムに習って、「真の自己に向かって」、「偶像から聖別」され、「呪いの世界を祝福に変える生涯」へと進ませてください。全世界にあなたの祝福と恵みが注がれますように。未来を切り開く、命の力に満ちて歩めるように導いてください。わたしたちの愛する主イエスの御名によって祈ります。アーメン。

説教「ひとつにされて」-たいせつなあなたー

2019年6月30日 主日礼拝
聖書箇所:使徒行伝2:43~47
説教:深谷美歌子牧師

きょうはファミリーサンデーです。わたしたちの愛する家族が、今日、教会に来られて、神の家族ともされることを、心から祈っています。なぜ家族が慕わしいのでしょう?私の生まれ育った家庭は、牧師家庭でした。貧しい生活でしたが、子供の頃で、貧しい自覚がなく「こんなお芋いらない!」などと、ご飯の足しに入れてあるお芋を邪魔者扱いしたり、糊を持ってくるように学校で言われて、父がお米を潰して持たせようとしたことを怒ったりしていました。これぐらいのことはできるはずだとの思いが強かったのです。今思えばなんと悲しい思いをさせたのかと、身が縮む思いです。こんな子でも愛してくれました。

このごろある方のお母さんの思い出を読みました。「産んでくれと頼んだ訳ではない!」と父に当たりたいのを、母に当たった。もう一度会えるなら、お詫びを言いたいと書いていました。彼は低学年の時、通知表が1,2の評価が多かったが、私の子だから、決して頭が悪いわけはない。と言い続けてくれたお母さんのお蔭で、高校では上位10番以内にいつも入っていた。お父さんも優しくなったから、一緒に食事しよう、と上京して、3人で食事し、おとうさんの手前、おごらせて、そっと1万円置いて行った。その交わりがお母さんとの最後の時だった。とのことでした。それぞれに家族の思い出がありましょう、悲しい思い出も含めて。家族はありのままの自分を知っています。互いに赦しあい、愛し合って一つになれたら、そこが天国です。そして真の赦しと、愛は、イエス様からのみきます。教会こそ神の家族です。

きょう開かれた聖書の中には「一つになって」(口語訳では一団となって、一緒になって、心を一つにして)ということばが3回出てきます。

イエス様が昇天されるまでの40日間「神の国について話された」と書かれていましたが、一つになるということは、イエス様が求めていたことが起ったのではないでしょうか? 

【今日の説教箇所の概説】

1章14-15節 一団となって祈っていた。

43節 全ての人に恐れが生じ、使徒による奇跡が多く起こった。

44-45節 信者たちは一つになって財産を共有にし、必要に応じて分け合った。

46節  心を一つにして宮もうでをし、家でパンを裂き、・・食事を共にした。

47節 神を讃美し・・人に好意を寄せられ、主は救われるものを加えてくださった。(新共同訳一つにしてくださった。) 

【メッセージ・ポイント】

1)心を合わせ、一団となって祈っていた。       

1:14 彼らはみな、婦人たち、特にイエスの母マリヤ、およびイエスの兄弟たちと共に、心を合わせて、ひたすら祈をしていた。15 そのころ、百二十名ばかりの人々が、一団となって集まっていたが、ペテロはこれらの兄弟たちの中に立って言った、(1章14・15節)

聖霊降臨のできごとは、主の約束を待ち望んで祈っていた弟子たちの上に起りました。W・Hウィリモンは『ある意味で、祈りは教会が神にその約束を守らせようとする大胆な、不遜でさえある試みである。・・・こうして祈りとは、神はその約束に忠実であるという信頼、神がご自身に真実であるという信頼から生まれた、大胆さなのである。』と書いています。主は天に帰られる前に、「父が与える聖霊があなた方に臨むまでは都にとどまっていなさい。」と言われました。彼らは待っている間、一つになって祈っていました。復活の主に出会いましたが、彼らはまだ力がありませんでした。そこで、求めよとの言葉に従って求めたのでした。

神は求めるものに聖霊をくださる。と約束されています。この約束を握りしめ、信頼し、祈る。これは神様を揺すぶるようなことです。「神様あなた様が約束されたのです。どうぞ聖霊様をください。」と祈ろうではありませんか。 今はすでに、あの初めのペンテコステにおいて、『終わりの時にわたしの霊をすべての人に注ぐ。』といわれたことが成就した時代です。2章1節の「五旬節の日が来て」という言葉は「満ちて」と訳され得る言葉です。神様の時があの時に満ちたので、すでに聖霊様はすべての人に注がれています。 一つになって求めたということは、イエス様が期待していたことだったのではないでしょうか?母マリヤとイエスの兄弟たちと共にとあります。イエス様の活動を引き留めようとしたこともある肉の家族が、今や一つになって聖霊を求めて祈っていました。 その時、聖霊がくだられたのでした。

今聖霊は全ての人に注がれていると言いましたが、心を開かなければ受け取れません。私達も心を一つにして、聖霊様が全ての人に触れてくださるように祈りましょう。

2)信者たちはみな一つになって  

 42 そして一同はひたすら、使徒たちの教を守り、信徒の交わりをなし、共にパンをさき、祈をしていた。43 みんなの者におそれの念が生じ、多くの奇跡としるしとが、使徒たちによって、次々に行われた。44 信者たちはみな一緒にいて、いっさいの物を共有にし、45 資産や持ち物を売っては、必要に応じてみんなの者に分け与えた。   (42-45節)

聖霊の降臨はペテロたちを力付け、大胆にイエス様のことを語りました。

その結果は前回の学びの通りで悔い改めバプテスマを受けた人々が3000人も起こされました。使徒によって、奇跡が次々行われ、目覚ましい神の業が現れました。そして、信徒は一つになって持ち物まで共有にし、必要に応じて分け与えられました。これは自発的な行為でした。アナニヤとサッピラが「全部です」と土地の代金をごまかして持ってきた時、「聖霊を欺いた。売らずにもっていても売ってもあなたの自由になったはずではないか。」と言っているからです。

罪の赦しを得るための悔い改めとイエスキリストの名によるバプテスマを受け、聖霊に満たされたとき、教会が生まれ、それぞれが持てるものをもって愛し合う神の国が生まれたのでした。

3)日々心を一つにして 食事を共にし   

 46 そして日々心を一つにして、絶えず宮もうでをなし、家ではパンをさき、よろこびと、まごころとをもって、食事を共にし、47 神をさんびし、すべての人に好意を持たれていた。そして主は、救われる者を日々仲間に加えて下さったのである。    (46,47節)

これまで、聖霊様が来られたのは、信仰者の確信のためであったと思ってきました。この度、学びながら、目的は教会であったと分かりました。すべてのものを共有にし、ひたすら神殿に参り、家ごとに集まってパンを裂き、食事を一緒にし、神を讃美したとあります。

全ての表現は、「食事を一緒にした。」にかかっているのだそうです。

家族は食事を共にするものですね。神の国は神の家族、「食事を一緒にする」ものです。しかしこの最初のあり様は、エルサレム教会だけだったらしいです。再臨がすぐにも起こると思っていたので、このようにしたのではないかと推測している方もあります。でも今の教会も原則は変わりません。それぞれの生活の場から、教会に集い神を礼拝し、讃美を捧げ、御言葉に生かされ、赦しを頂き、愛し合い、祈り合い、捧げものをささげます。ここではだれひとり欠けてはならないのです。誰が偉い、誰は必要ないという世界ではありません。家族ですから。

ここを学んでいて、ある方が、御業が進まないのは、なまぬるいからだと書いていて、あーと思いました。ラオデキヤの教会は、「なまぬるいので吐き出そう。」と言われています。でも自分の力ではできません。聖霊様により頼みましょう。互いに赦され合って。ひとつにされますように。

テモテへの手紙の2章1節に「まず第一に勧めます。願いと祈りと執り成しと感謝とを全ての人々のために捧げなさい。」とあります。

最初の教会がひとつになって祈っていた時に聖霊が降ったことを見ました。初代教会が救われる人が加えられたのは、神の国がそこにあったからでしょう。心を一つにして祈り求められるようにまず祈りましょう。

老いも若きもお金持ちも、貧乏人も、秀才も、そうでない人も神の家族として礼拝し、食事を共にする神の国、教会が広がって行かれますように。

祈り

神様、一つになって祈っていた時、聖霊様がきてくださいました。人々が悔い改めて、バプテスマを受け、聖霊の注ぎを受け、それぞれの持てるものを出し合って、ひとつにされました。今この原則に生かしてください。互いに祈り合い聖霊様の助けを与えて、愛し合うものとしてください。 御名によって祈ります。アーメン

説教「万軍の主、共におられる」

2019年6月23日 主日礼拝
聖書箇所:詩篇46
説教:深谷春男牧師

先週はチャペルシアターで中村啓子さんの朗読と渡辺康子さんのバイオリンで本当に素晴らしい時を持ちました。担当された「ぶどうの実」のスタッフの皆さんに感謝を表したいと思います。それにしても先週は、三浦綾子さんの「道ありき」「氷点」の朗読テープを聞きながら、今さらながら、三浦文学に感動しました。主の十字架の贖いによって、救われるのでなければ、どんなにすばらしく、この世でエリートとして働いたとしてもすべては空しいこと、神様の救いの真実を再確認し、週報のコラムにも書かせていただきました。

続きを読む 説教「万軍の主、共におられる」

説教「苦しみに遭ったことは」

2019年6月16日 主日礼拝
聖書箇所:詩編119:65~72
説教:深谷春男牧師

なんぢは善にして 善をおこなひたまふ 68節 (文語訳聖書) 

クリスチャンの生涯は「恵みと慈しみがいつも私を追う」(詩篇23:6)の告白のとおりです。毎日、どのようなところを通っても、神の「最善と最愛」を信じて歩むのです。詩篇23篇6節によれば「最善」と「最愛」は、迷いやすい羊を迷わないように導く二匹のシェパードのようだと語ります。やさしく力強い天使のような「最善」と「最愛」に守られた人生です。

以前、詩篇103篇を学びました。そこには4回にわたって、「慈しみ」という言葉がでてきました。詩篇103篇は、そのような意味で「神の慈愛(ヘセド)の詩」であるということができると思います。神の慈愛が、個人の生涯にも、民族の歩みにも、全人類の歩みにも、全宇宙の被造物に至るまで満ちているのだということを学びました。

続きを読む 説教「苦しみに遭ったことは」

説教「ただ聖霊が降るとき」

2019年6月9日 主日礼拝
聖書箇所:使徒1:8、使徒2:1~4
説教:深谷春男牧師

今日はペンテコステ礼拝です。

教会には3つの大きな祝日があります。一つはクリスマス、一つはイースター、もう一つはペンテコステです。クリスマスは主イエス様の誕生を祝い、イースターは主イエスの十字架と復活を祝います。そしてペンテコステは、主イエスの弟子たちが上からの力を受けて伝道へと出て行った教会の誕生日です。

続きを読む 説教「ただ聖霊が降るとき」

説教「ダビデ新生の経験」

2019年6月2日 主日礼拝
聖書箇所:詩篇51篇
説教:深谷春男牧師

シャロームマンションに住むフィンランドから来られた姉妹と5月30日に話しましたら、「フィンランドは今日はお休みの日なのです」とのことでした。「国民の休日?」と聞きましたら、「ascension day(昇天祭)です」と言われました。キリストの昇天の日は祝日なのだそうです。教会暦で言えば今年は4月21日(日)がイースター。5月30日(木)が昇天日。そして6月9日(日)がペンテコステとなります。昇天日から6月8日までの10日間は、聖霊降臨を待つ、祈りの日として、心に覚えたいと思います。 

続きを読む 説教「ダビデ新生の経験」

説教「わたしたちはどうしたら?」

2019年5月26日 主日礼拝
聖書箇所:使徒行伝2:37~42
説教:深谷美歌子牧師

教会の前を多くの外国の方が通ります。歌舞伎町という日本でも有名な歓楽街なので、訪れているのかなと思います。でも、年配の婦人や男性が何人かで歩いていたり、中国の方が、薬屋さんで爆買いなどしている様子を見て、日本に来て本当に良かったと思ってくれているだろうか?など思ってしまいます。

続きを読む 説教「わたしたちはどうしたら?」

説教「大宣教命令」

2019年5月19日 主日礼拝
聖書箇所:マタイ28:18~20
説教:深谷春男牧師

今日は「復活節第五主日礼拝」と週報に記しています。6月9日(日)がペンテコステ礼拝ですが、その前の50日は「復活節」と呼ばれてきました。教会の玄関には「イースターおめでとう!」のポスターが貼ってあります。赤い字のポスターで、とてもよく目立ちますので、そのまま使わしていただいてます。その下に5月19日(日)10:30~12:00 メッセージ「大宣教命令」と記してあります。今日は、復活の主イエスから使命を受けて、出て行った弟子たちの原点、「大宣教命令」を共に読んで、教会の使命を再確認する時といたしましょう。 続きを読む 説教「大宣教命令」

説教「将来と希望を与える計画」

2019年5月12日 主日礼拝
聖書箇所:エレミヤ29:8~14
説教:深谷春男牧師

以前、東京聖書学校の夏期キャラバンで、岡山県の玉野教会に伺いましたが、その年の聖句は、実はこの朝の聖書箇所、エレミヤ29章11節でした。その時この聖書からの説教を考えていましたので、不思議な神様の導きを覚えたことでした。この聖句には不 続きを読む 説教「将来と希望を与える計画」

説教「わが臨在汝と共に行くべし」

2019年5月5日 主日礼拝
聖書箇所:出エジプト33:12~17
説教:深谷春男牧師

宗教改革500年を記念して「新改訳2017」という聖書が発行されました。早天祈祷会や説教の準備等に良く参考にしますが、今回、説教の備えをしている時に、本日の聖書箇所である出エジプト記33:14を読みましたら、驚きました。その翻訳は次のようになっていました。

主は言われた。「わたしの臨在が共に行き、あなたを休ませる。」

 実は、この箇所はわたしの愛誦句で、さまざまな試練の時に支えになった御言葉でした。今回も、教会総会が終り、新しい体制で歩み始める2019年度への御言葉を求めている中で示された聖句です。 続きを読む 説教「わが臨在汝と共に行くべし」