牧師紹介

深谷春男
きさくで堅苦しくない、あたたかい人柄が魅力の牧師。
19歳の時日本キリスト教団練馬開進教会で洗礼を受ける。
美大を目指して4年間浪人するも挫折。その後献身し東京神学大学を卒業。
1978年から赤羽教会で31年間、東京聖書学校吉川教会で9年間牧会し、2018年4月より新宿西教会の牧師となる。
現在三人の子供と二人の孫をもつ。趣味は詩編研究と油絵、内村鑑三に関すること。
座右の銘は「傷なきは人材にあらず」。

日本キリスト教団の認可神学校 東京聖書学校教師(旧約聖書)
日本キリスト伝道会の実行委員長兼エバンジェリスト
こころの友伝道全国連合会副会長
JTJ神学校講師(詩編・出エジプト記・サムエル記等)
牧師からひとこと
新宿西教会のHPをご訪問くださりありがとうございます。
2018年の4月から、新宿西教会の牧師となりました。
「傷無きは人材にあらず」という言葉があります。人間はみな、弱さや傷を持って生きています。傷の痛みを知らない人は、本当の人材ではないとこの言葉は語っています。旧約聖書の詩篇88篇にも「今、わたしに親しいのは、暗闇だけです……」という告白があります。わたしも19歳の時に「人生真っ暗!」と思っている中でイエス様に会いました。
わたしのすべての「破れ」を身代わりに負って下さったイエス様に出会い、その後40年間、温かい平安の中を歩んでいます。このイエス様はあなたも招いていますよ。皆さんのおいでを心からお待ちしております。

深谷美歌子
長野県下伊那郡喬木出身。牧師家庭にて生まれ育つ。
保育士として勤めた後、牧師となるべく献身し上京、東京聖書学校に入学。
聖書学校卒業後、深谷春男師と結婚。以後夫ともに40年の牧会伝道に励む。
情熱とチャレンジ精神に満ちた牧師。
好きなものは子ども、のどかな自然、土いじりなど…
牧師からひとこと
不器用ながらも、イエス様の愛を証しするものとして日々奮闘しています。
イエス様はこうおっしゃいました。
「すべて、疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのところに来なさい。わたしがあなたがたを休ませてあげます。わたしは心優しく、へりくだっているから、あなたがたもわたしのくびきを負って、わたしから学びなさい。そうすればたましいに安らぎが来ます。わたしのくびきは負いやすく、わたしの荷は軽いからです。」(マタイ11:28〜30)
忙しい現代社会に生きるかたは、日々に追われ、悩んだりふさぎ込むこともあるかと思いますが、一人で悩まず一緒に祈り、聖書を開きませんか。
どうぞお気軽におでかけください。おいでを心からお待ちしております。